終活カウンセラーの視点

墓石・仏壇の元営業。終活カウンセラー。お葬式や宗教に関する裏話とか。

終活はいつ始めたら良いのかな?

はじめまして。

終活カウンセラーの「とみじん」と申します。

このたび、新しくブログを始めることとなりました。

このブログでは、終活にまつわる様々な疑問に、わかりやすく答えていきたいと考えています。

「終活」という言葉が出来てもう何年にもなるのですが、さて終活って何をすればいいの?という方が多いと思います。自分の人生の最後、つまり死ぬことについて考えるなんて縁起でもない。と敬遠される方もいらっしゃると思います。

でも、人生の最後がいつ来るかなんて誰にもわかりません。

明日突然来るのかもしれないし、病気などでじわじわと訪れるのかもしれません。

いずれにしても、準備できることは事前に準備しておいたほうが良いことがあります。

まだ準備するのは早いと思われるかもしれませんが、体力や気力が衰えてしまうと判断が鈍ってしまったり、自分の考えが周りの方にうまく伝えられなくなることだってありえます。

以前、私はお墓や仏壇を営業していたこともあり、さまざまな方の人生の最後に関わるタイミングを見てきました。そんな中で、残されたご家族のみなさんが大切な方を失った悲しみや思い出に浸る暇もなく、バタバタといろいろな手続きをしなければならないという場面を多く見てきました。

大好きな自分の家族との最後のお別れ。できるなら静かに和やかにしたいとは思われませんか。

また、人生の最後を見つめることで、これからの自分の人生がより豊かに自分らしく送れるようになります。

やるなら、今すぐにでも。それが終活です。

では、そもそも終活って具体的にどういうことなの?ということなのですが、簡単に言えば、人生の最後に備えて「老い支度・死に支度」をしておくということです。早めに準備しておけば「もしも」のときがいつ訪れても自分も周りの方も慌てることがありません。

ですが、実際には人間誰しもいつ訪れるか分からないことに備えることは苦手で、なかなか手がつけられず本格的に取り組むことができません。

たとえば、災害用の食料や備品って用意しておかなきゃいけないよね。でも災害なんて自分の住んでいるところは起こらないだろうし、起こったとしてもいつ来るかなんてわからないし、まだ準備しなくてもいいよね。と思ってしまうことと同じで先延ばししてしまうものなのです。

しかし、災害は起こらないかもしれませんが、人生の最後は誰にでも必ず訪れます。そのタイミングが早いか遅いかの違いはありますが。どうせ準備しなければならないのなら、なおさら自分が元気なうちに終活を始めることが大切になってきます。

さあ、皆さんも終活しませんか?