終活カウンセラーの視点

墓石・仏壇の元営業。終活カウンセラー。お葬式や宗教に関する裏話とか。

自分の思いを伝えるために

あなたは、自分らしく人生を締めくくれるような準備をされていますか。

人生の最後を自分の気に入った場所で、家族や友人に囲まれながら迎えられたら幸せです。

現在、日本ではこのような最後を迎えたいと望む人が増えています。

しかし、なかなか思うようにはいきません。日本は世界的に見ても平均寿命の長い長寿国です。この長寿化が老後生活の長期化をもたらし、さらに核家族化によって家族や地域とのつながりを疎遠にしてしまいました。

世の中にはモノやサービスが溢れてかえっていますが、一方で人生の最後までをどのように過ごせばよいのか、何をどのように選択すればよいのかを悩まなくてはならない世の中になってしまいました。

しかも、現在はなんでもかんでもお金がかかる資本主義の世の中で、お金を多く持っているか少ししか持っていないか、によって老後の生活や最後の時に大きな違いが出てきてしまうのが実情です。

これまでのように「なんとかなるさ。」「葬式代だけ用意しておけばいいだろ。」といった考えで最後を迎えてしまうと、「こんなはずではなかった。」と本人だけでなく家族も後悔させてしまう恐れがあります。

そんな中で登場したのが、自分が元気なうちに自分が望む人生の最後を考え、準備していく「終活」なのです。「終活」とひとくくりで言ってしまえば簡単ですが、そんなに簡単にはいきません。考えなければならない範囲がとても広く、とても短期間でできるものではありません。さまざまなことについて思い悩みながら少しずつ決めていかないとならないのです。

では、終活の全体像がどんなものなのかざっくり説明します。

 

終活について考える場合、大きく分けると2つのことを考えます。

1、自分が死ぬまでのこと。

2、自分が死んでからのこと。

 

1の自分が死ぬまでのことの具体的な例としては、

・今までの自分の人生を振り返りながら、これからの生き方を考える。

・医療についての希望

・介護についての希望

・お金やモノの整理

・遺言書、家族へのメッセージの作成

以上のようなことです。

 

2の自分が死んでからのことの具体的な例としては、

・お葬式についての希望

・お墓や埋葬についての希望

・死後に必要な事務手続き

・ペットについて

・財産の振り分け、相続税の申告

以上のようなことが例として挙げられます。

このような自分の希望や思いを伝えるために、自分自身はどうしたいのかを一つ一つ考えていくのが「終活」です。

なるべく後悔の少ない人生の最後を迎えるためにも終活しませんか?