終活カウンセラーの視点

墓石・仏壇の元営業。終活カウンセラー。お葬式や宗教に関する裏話とか。

医療に対する希望

告知と余命宣告についての希望

現代は医療技術の進歩により、多くの命が救われる時代となりました。

たとえば「がん」。昔のドラマや映画だと、家族だけに病気が告げられ、本人は「がん」だとは知らされずに治療を続け、病名を知らないまま亡くなる人が多くいました。しかし、現在は「がん」の告知が進み、自分の病名を知ったうえで病気と闘い健康を取り戻す人も多くなりました。

では、もし今後あなたが回復不能の重大な病気にかかってしまったら、病名告知や余命告知を受け入れて人生の終末期を過ごしたいですか?それとも何も知らないままでいたいですか?

ぜひ、時間を取って考えてみてください。

おそらく、告知を受けなかったとしてもいずれ病気が進行してくれば、自分の状況を知ることになります。その時になって初めて自分の死と向き合うことになるのです。告知を受けるまでの間は、家族も本当のことを告げられないため、精神的な葛藤が大きくなりますし、医師も病名を告げないまま治療を続けなければなりません。

告知が多くなった理由

現在の医療で告知が多くなった理由は自分の病気と状況を受け入れることで、その後の治療や緩和ケアについて具体的に話をすることができ、何より、一日一日の日常生活の過ごし方も変わってくるからです。

必ずしも全員が全員そうなるわけではありませんが、多くの方がいろいろな意味で前向きな行動をとれるようになります。

確かに、告知や余命宣告を受けるということはショックを受けると思います。私にも想像のできないショックに違いありません。しかし、怒りや悲しみといった段階を踏まえて、やがては自分の死を受け入れることができるようになる方が多くなっているようです。

残された時間を誰と、どこで、どのようにして過ごすのか、病院、ホスピス、自宅などいろいろと考えられます。最近は在宅医療制度が整い始め、最後の時を自宅で過ごされるという方も増えてきています。

たとえ自分が寝たきりになったとしても、家族が自分の周りで日常生活をおくり、笑い声や食事のにおいなどを感じながら、おだやかに自分の最後の時を過ごすというものです。

あなたは、自分の終末期をどのように過ごしたいですか?自分の希望をしっかりと考え、それを必ず伝えておいてください。

多くの患者さんがたどる心の動き

多くの患者さんが告知や余命宣告を受けたときに以下の5段階の心の動きがあるといわれています。

1.否認  自分が死ぬというこの知らせは、嘘か間違いではないかと思う

2.怒り  なぜ、自分が死ななければならないのかと怒りが爆発する

3.取引  何か助かる方法がないかと、さまざまなものにすがろうとする

4.抑うつ 虚無感や無力感に襲われる

5.受容  自分の現状を受け入れていく

     キュープラー・ロス(アメリカの精神科医、著書「死の瞬間」より)

これについてはいずれ改めてテーマとして取り上げたいと思います。

今日のまとめ

病気の告知や余命宣告を受ける方は増えています。自分の病気や状況を受け入れることで、具体的に治療や緩和ケアに向き合うことができます。

自分はどうされたいか、エンディングノートなどに書きとめておきましょう。