終活カウンセラーの視点

墓石・仏壇の元営業。終活カウンセラー。お葬式や宗教に関する裏話とか。

延命治療を望むか望まないか。

延命治療とは

回復の見込みがなく明らかに死が間近に迫っているにもかかわらず、たとえば人工呼吸器や心肺蘇生装置などを装着して、単に患者さんの死期を引き延ばすといった延命のみを重視した治療のことを「延命治療」といいます。

昨今の医療技術の進歩で多くの命が救われる一方で、回復の見込みがないにもかかわらず、目の前の患者さんを死なせないためだけの治療が行われていることに、疑問を投げかける動きも大きくなってきました。

単なる延命が患者さん自身にとって幸せなことなのか。患者さんの尊厳が守られているのか。さらに、莫大な医療費が延命治療につぎ込まれることにより、家族にも経済的な大きな負担がかかることも深刻な問題です。

そして、一度始めてしまった延命治療は、やめることがほぼできないといってよいでしょう。日本では尊厳死に関する法律が整っていないため、医師や医療機関が殺人罪に問われる可能性が大きいからです。

延命治療を拒否するには

延命治療を望まないのであれば、延命治療を拒否したいという意思をエンディングノートなどに記載しておいてください。

胃瘻(いろう)といって栄養や水分をとらせるために胃のあたりを切開し、直接胃に栄養投与することを「延命治療」として家族が選択してしまう場合もあります。

意識が回復しないときや、認知症がひどくてうとうと眠っている老人。または、がんの末期でホスピスでの療養が望ましい重症患者さんなどに、胃瘻によって水分や栄養補給をしていることが少なくありません。

しかし、果たしてそれが本人のためになるのかどうかは分からないケースが多いようです。自然な死を迎えるときは、食べ物が食べられなくなり、やせ細って静かに眠るように息を引き取るそうです。海外では胃瘻は老人虐待と考えられるため、胃瘻をして寝たきりになる老人はいないそうです。食べられなくなったら自然な死を待つのがあたりまえという考えなのでしょう。

つまり、無用な胃瘻をすることによって、その患者さんの自然な死を邪魔する事にもなりかねないのです。

もし、延命治療を拒否したいのであれば、患者さん本人の意識がはっきりしているときに、延命治療を拒否することを医師や家族に宣言しておくことが必要です。

自分は延命治療を受けたくないと思っていても、家族は少しでも長く生きていて欲しいとの思いから、延命治療を行ってしまうことが多いからです。自分の意思をまっとうするためにも「尊厳死」の意向、延命治療を拒否することを示す書類を作成するとともに、家族にもきちんと伝えておくことが大切です。

今日のまとめ

延命のためだけの治療、特に胃瘻による死なせないための治療は避けたいという方は、エンディングノートなどに延命治療を拒否したいことを記載するとともに、家族にも折に触れてそのことを伝えておきましょう。