終活カウンセラーの視点

墓石・仏壇の元営業。終活カウンセラー。お葬式や宗教に関する裏話とか。

介護保険のこと知ってますか?

介護保険って加入しているけれど、どういう仕組か分からない方が多いのではないでしょうか。なるべくわかりやすく書いていきたいと思います。

          f:id:mizu5kun:20170106145011j:plain

介護保険とは

介護保険制度は平成12年4月からスタートした保険制度です。

国民が40歳をむかえた月から加入が義務付けられ、保険料を支払うことにより介護が必要になった人に適切な介護サービスを受けてもらい、介護する方(家族)の負担を軽減するものでもあります。

もちろん、保険料を納めている自分が介護を受ける状態になった時にも、介護サービスを受けることができます。

介護が必要だと市区町村に認定されたときに、介護サービス費用の一部を支払ってサービスを利用することができるようになります。

介護保険の対象者

40歳以上の人は、介護保険の被保険者(保険料を納める人、介護サービスを一部負担で利用できる人)となります。

介護保険料は被保険者によってそれぞれ変わってきます。年齢制限はありませんので亡くなるまで保険料を納めなくてはなりません。

一般的には、給与をもらっている人は給与から控除され、年金をもらっている人は年金から控除される仕組みとなっています。

介護サービス費用を一部負担で利用できる方は、年齢により2つに分けられます。65歳以上の人(第1号被保険者)40歳から64歳までの人(第2号被保険者)です。

第1号被保険者と、第2号被保険者では利用できる条件が変わってきます。

           f:id:mizu5kun:20170106144925j:plain

65歳以上の人(第1号被保険者)

寝たきりや認知症などにより介護を必要とする状態(要介護状態)になったり、家事や身支度など日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)になった場合に、介護サービス費用を一部負担で利用できます。

40歳から64歳までの人(第2号被保険者)

介護が必要となった原因が、「加齢に伴う16種類の特定疾病」によるもので、要介護状態や要支援状態であると認められた場合に、介護サービス費用を一部負担で利用できます。

事故や16種類の特定疾病以外の病気で要介護状態、要支援状態になった場合は給付を受けることができません。

介護サービスを利用したときの負担分

原則として、介護サービスを利用したときの費用の1割を利用者が負担することになります。仮にリハビリテーションを受けた際にサービス費用が1万円であったとすれば、そのうちの千円を利用者が支払うことになります。

        f:id:mizu5kun:20170106144937j:plain

今日のまとめ

40歳になると介護保険に加入することとなり、保険料が給与から控除されます。年金を受給するようになると年金から控除されます。

要介護状態、または要支援状態と市町村に認められた場合、介護サービスを利用したときの費用の1割を利用者が負担する

サービス利用までの手続きはかなり複雑になりますので、専門知識を持った介護支援専門員(ケアマネージャー)に依頼することになります。これについては次回の説明とさせていただきます。