読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終活カウンセラーの視点

墓石・仏壇の元営業。終活カウンセラー。お葬式や宗教に関する裏話とか。

介護保険サービスを受けられる病気と介護の認定段階

40歳から64歳までの方が介護保険サービスを利用するには、介護が必要となった原因が、加齢に伴う16種類の特定疾病によるものに限られます。

その16種類の特定疾病は以下の通りとなります。

             f:id:mizu5kun:20170108104416j:plain

16種類の特定疾病

 がん末期(医師が医学的知見に基づき回復の見込みが無いと判断されたとき)

 関節リウマチ

 筋委縮性側索硬化症

 後縦靭帯骨化症

 骨折を伴う骨粗鬆症

 初老期における認知症

 パーキンソン病関連疾患

 脊髄小脳変性症

 脊柱管狭窄症

 早老症

 多形統委縮症

 糖尿病性神経障害・糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症

 脳血管疾患

 閉塞性動脈硬化

 慢性閉塞性肺疾患

 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

事故や上記以外の病気によって介護が必要となった場合は、介護保険サービスを利用することはできませんのでご注意ください。

市区町村から認定結果が通知されたら

介護保険サービス利用の申請を行うと、原則30日以内に市区町村から認定の結果が通知されます。この認定は要支援1・2、要介護1から5の7段階および非該当に分かれています。それぞれの段階によって、介護サービスを利用するときの上限額が異なります。介護サービスを受けるには介護支援専門員(ケアマネージャー)や、地域包括支援センターに介護(介護予防)サービス計画書(ケアプラン)を作成してもらうことになりますので、上限額を超えないようにケアマネージャーに相談すると良いでしょう。

            f:id:mizu5kun:20170108104400j:plain

要支援・要介護度認定区分

7段階に分かれる認定の度合いは以下の通りです。

 非該当(自立) 

  日常生活は自分で行うことができる。

  介護保険での介護サービスは必要なし。

 要支援1

  日常生活はほぼ自分でできる。

  要介護状態予防のために少し支援が必要。

 要支援2

  日常生活に支援が必要。

  要介護に至らずに機能が改善する可能性が高い。

 要介護1

  立ち上がりや歩行が不安定。

  日常の中で、排泄や入浴などに部分的な介助が必要。

 要介護2

  自力での立ち上がりや歩行が困難。

  排泄や入浴などに一部、または全介助が必要。

 要介護3

  立ち上がりや歩行などが自力ではできない。

  日常においても排泄、入浴、衣服の着脱などに全面的な介助が必要。

 要介護4

  排泄、入浴、衣服の着脱などの日常生活の全般において全面的な介助が必要。

  日常生活能力の低下がみられる。

 要介護5

  日常生活の全般において全面的な介助が必要であり、意思の伝達も困難。

 

要支援の場合は、身体機能の維持や高齢化を緩やかにすることを目指します。要介護の場合は、施設または自宅で介護サービスを受けることになります。

            f:id:mizu5kun:20170108104430j:plain

今日のまとめ

40歳から64歳までの方が介護保険サービスを利用するには、16種類の特定疾病に限定されます。

また、認定の区分は要支援1・2、要介護1から5の7段階および非該当に分かれています。

これらの情報をもとに介護支援専門員(ケアマネージャー)や、地域包括支援センターに介護(介護予防)サービス計画書(ケアプラン)を作成してもらいます。